泣いている女性

生理による臭い

相談をする女性

生理時に排出される経血は100%血液というわけではなく、子宮内膜や子宮からの分泌液などが混ざった液体です。むしろ、血液よりもそのほかの分泌液の割合のほうが大きいとされています。
そんな経血にはほとんど臭いはなく、排出され空気に触れることで徐々に臭いが発されるのです。

デリケートゾーンには汗腺が多く存在し、そこからは水分だけでなくタンパク質や脂質などを多く含む強い汗が出てきます。デリケートゾーン・下着には雑菌が繁殖している場合があり、このとき汗が出ると、雑菌がそれを栄養とし分解します。こうなると汗はより強い臭いを発します。

生理中の臭いを抑えるためには、ナプキンを定期的に取り替えることが大切です。
なかには、機能性がアップしたことで長時間着用することができるナプキンもあります。
しかし、基本的にナプキンは通気性が悪いため、においがこもってしまう可能性があります。
そのため、ナプキンは約1〜2時間を目安に取り替えることをおすすめします。

生理時の臭い対策には、ナプキンを頻繁に取り替えること以外にも、ウォシュレットを使用することや通気性のいい下着を身に着けるなどの方法が挙げられます。
また、長いアンダーヘアをしっかりと処理することもにおい対策に繋がります。
生理時の臭いがひどいという方は、病気の可能性もゼロとはいえないため、婦人科を受診することをおすすめします。